ここから本文です

先輩らに引けを取らない!GENERATIONSの人気を裏づけるニューアルバムの出来

7/31(月) 19:20配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

■EXILE TRIBEの若手の急先鋒

男子ってこんなに短期間で少年から青年、そして大人へと成長しちゃうものなの!? いったい彼らに何があったの? デビュー当時(2012年)の彼らは、まだあどけなさが残った少年たちだった。

GENERATIONSの最新曲をチェック

EXILE TRIBEのなかで、EXILEや三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの弟分的な存在としてデビューしたGENERATIONS form EXILE TRIBEは、(デビュー当時)平均年齢19歳というその若さを武器にしたパフォーマンスと、フレッシュなやんちゃ感を持った七人七様のキャラクターで、すぐさま多くの中高生女子のファンから絶対的な支持を得たグループになった。

そんな彼らが、GENERATIONSにしか進めない道を切り開く力強さと頼もしさを身につけ、包み込むような優しさとセクシーさを兼ね備えた大人男子へと成長したのだと、4thアルバム『涙を流せないピエロは太陽も月も出ない空を見上げた』は教えてくれた。

■ニューアルバム『涙を流せないピエロは太陽も月も出ない空を見上げた』、各曲の魅力

「太陽も月も」の歌詞にある“別に気持ちが冷めたわけじゃない”という恋愛における感情の変化は、きっとデビューした当時の片寄涼太と数原龍友には背伸びしても十分に理解できなかった心模様だったんじゃないだろうか。また、ギターがきいたロックサウンドを施した「太陽も月も」にこのような恋愛の複雑な感情を描いた歌詞を乗せるというギャップがとても面白かった。

片寄と数原が作詞を手がけた「Pray」(片寄)、「NEXT」(数原)では、今の思いや等身大の姿を届け、「SOUND OF LOVE」や「MAKE YOU MINE」では、大人の雰囲気を漂わせる。

EXILEの「ただ…逢いたくて」を作曲した春川仁志、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの「花火」「Unfair World」などの作詞を手がけた小竹正人が書き下ろした王道のバラードソング「涙」は、彼らがこれから年齢を重ねてもずっと歌い続けることができる代表的なバラードソングになると確信できた。

DEEPの「SORA~この声が届くまで~」のカバー「空」(片寄涼太の初映画出演作『兄に愛されすぎて困ってます』主題歌)では、柔らかなピアノの旋律に優しい温度を持ったボーカルを乗せている。

「PIERROT」はすでにライブで披露されているが、アルバムのなかにあってもキレのある力強いパフォーマンスを聴く者に想像させ、ライブ感を持った「Togetherness」ではファンと共にエネルギッシュに弾けるステージ上の7人を感じることができた。

「Stupid~真っ赤なブレスレット」は、前アルバム『SPEEDSTER』に収録されていた「Rainy room」の続編のストーリーを描いた失恋ソングだが、この2曲を聴き比べると、片寄と数原の表現力がより柔軟に広がり、ボーカリストとして進化したことがよくわかるはずだ。

甘いフェイスの片寄涼太は自分が元々持っていた芯の強さのその先にある優しさを、野生的な数原龍友は自分が根底に持つ優しさのその先にある強さをしっかりと自分の身体のなかで成長させ、決して単純ではない人間の複雑な感情に一歩も二歩も踏み込んで、歌声に乗せた。


■GENERATIONSは次へのステップを踏み込めるか

様々なジャンルを取り入れた曲に柔軟に対応できる5人のパフォーマーの姿も見えてくる今作は、彼らのあらたな基盤となる作品だろう。

自分たちの時代を作るんだという夢に向かって、失敗を恐れずに突き進んできた彼らのその夢はすでに現実のものとなり、GENERATIONSは今や同年代や中高生女子だけではなく男性にも注目され、憧れを抱かれるグループへと成長した。

けれども7人は決して今の自分たちがいる場所に満足することなく、新しい夢に向って突き進んでいる現在進行形のGENERATIONSがいるのだということを、この最新アルバムで感じさせてくれた。

自分たちの時代を作るんだという夢に向ってチャレンジを積み重ね、失敗を恐れずに突き進んできた彼らは、これからも自分たちにしか作れない時代を切り開くために突き進んでいく。

現在、彼らはアリーナツアー『GENERATIONS LIVE TOUR 2017“MAD CYCLON”』(10都市22公演)の真っ最中だが、そのステージには決して今の自分たちがいる場所に満足せず、果敢に攻め続けている7人の姿があるに違いない。

TEXT BY 松浦靖恵

Yahoo!ニュースからのお知らせ