ここから本文です

浜辺美波 主演映画「君の膵臓をたべたい」ヒロインと自分は「正反対」

7/31(月) 16:54配信

東スポWeb

 若手女優の浜辺美波(16)が31日、都内で行われたピュアラルグミ「新フレーバー&タイアップパッケージ発表会」に出席した。

 公開中の主演映画「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」と、同商品がタイアップキャンペーンを展開。浜辺は店頭キャンペーンなどに起用されるという。

 トークショーでは、映画で演じた膵臓に重い病を抱えるヒロイン・桜良について「すごく魅力的な女の子でまぶしいな、と感じて。考え方だったりがステキな女の子で、できるだけそれを表現しようと思った」と振り返った。

 天真爛漫な桜良という存在と自身の違いを問われると「演じながら正反対だなと感じて、私と違うところが多い。唯一似てるところが一つだけあったのは、桜良ちゃんはつらい時こそ笑顔をつくるんですけど、口角を上げると幸せになる考え方が唯一共感できるところ」と話した。

 映画を通して自身に変化があったかという点については「季節の移り変わりが美しく、いとおしく感じるようになった。それまでは『もう夏か』とか『もう1週間過ぎたのか』と感じることが多かったんですけど、演じてからお花やにおいや景色の移り変わりが目に留まって、輝いて見えるようになった」と告白した。

 司会者から、桜良のように「余命いくばくかのような状況になったら?」と問われると「ご飯を食べるのがすごく好きで。甘いものやご飯を取り寄せたり、近くに買いに行ったりして、いっぱい食べてぐっすり眠りたいです」と16歳らしい願望を明かし、ほっこりさせた。

最終更新:7/31(月) 16:54
東スポWeb