ここから本文です

24時間マラソン異例の当日発表 東スポスクープで延期説も出た

7/31(月) 16:54配信

東スポWeb

 例年より発表が遅れている、日本テレビ系のチャリティー番組「24時間テレビ40 愛は地球を救う」(8月26、27日)のマラソンランナーが放送当日に発表されることとなった。

 30日に放送された同局系「行列のできる法律相談所」番組内で、「24時間テレビ」の総合司会を務める羽鳥慎一(46)が「今年の24時間テレビマラソンランナーですが…なんと、24時間テレビの当日に発表します」と告知。ヒントとして「当日武道館にいる人」、「走る理由がある人」を挙げた。ランナー本人にも当日に伝えられる。

 これまでは長ければ100キロ以上の長距離走に備えるため、本番の2か月ほど前に本人に告知され、その練習風景も番組を盛り上げる役割を担っていた。ある日テレ関係者は「こういう前代未聞の発表になったのは東スポのせいと言ってもいいでしょうね」という。

 本紙は28日発行の紙面で、タレントのりゅうちぇる(21)が内定と報じた。ところが「今年の演出チームはそれこそサプライズを仕掛けようとしているんです。以前、東スポが渡部(建)の名前を有力候補として挙げた時も、『サプライズにならない』と候補から外してしまったように、今回も発表をやめてしまった。それでも、渡部の時と違うのは、本番まで1か月を切っていること。いまから練習だと時間がないから、そう簡単に変えるわけにもいかないでしょう」(同関係者)

 ただ、この1か月の時間は、日テレにとっては再度交渉ができる猶予期間でもあるという。「いまのところ事務所からのNGが出ている手越(祐也)の再浮上です。29歳の若さならば、練習もギリギリ間に合うかもしれません。1か月の時間があることによって、演出チームの中で再び議題に上がってもおかしくはない」(同)。この前代未聞の展開が番組にどう作用するか。

最終更新:7/31(月) 16:54
東スポWeb