ここから本文です

同僚の反応気になり「有給」取れない 社会人の3割

7/31(月) 14:20配信

ITmedia ビジネスオンライン

 ビジネスパーソンの33.6%が、「職場に休める雰囲気がないため、有給休暇を取りづらい」と感じている――格安スマホなどを提供するBIGLOBEの調査で分かった。

【同僚が有給休暇を取得した時、社会人が感じること】

 このほか、休暇を取りづらい理由として「自分が休むと、同僚が多く働くことになるから」(22.9%)、「上司・同僚が有給休暇を取らないから」(22.3%)など、周囲が気になるという意見が目立った。

 「上司・同僚が有給休暇を取らないから」と答えた人を年代別にみると、20代の若手に多く、32.0%を占めた。また「業務対応が発生するかもしれないから」と考える管理職は28.0%に上り、仕事に対する責任感が強さから有給休暇を取得しない人が多いことが分かった。

 では、同僚が有給休暇を取得した際、働く人はどのようなことを感じるのだろうか。調査によると「有給休暇を取れるならどんどん取った方がいい」が34.6%でトップ。2位は「自分も有給休暇を取りたい」(31.9%)だった。「特に何も感じない」「うらやましい」――と続き、「イライラする」「怠慢だ」などの感情を持つ人はごく少数だった。

 実際は有給休暇の取得に不快感を示す人は少ないにもかかわらず、「職場に休める雰囲気がない」と感じる人が多い現状を改善するためには何が必要なのだろうか。調査によると、「会社の制度を変えるべき」と答えた人は全体の66.6%。「個々の意識を変えるべき」(33.4%)を大きく上回り、企業側に休暇を取得しやすい仕組みづくりを求める声が多く集まった。

 調査は7月18~19日にかけて、20~50代の社会人男女1000人を対象に、インターネット上で実施した。