ここから本文です

清宮進路は文武両道の二刀流?元NHK手嶋氏提案「新しい清宮流を追及して」

7/31(月) 11:01配信

デイリースポーツ

 元NHKワシントン支局長で外交ジャーナリストの手嶋龍一氏が31日、日本テレビ系「スッキリ!」で、高校野球西東京大会で決勝で敗れた早稲田実業の清宮幸太郎選手の進路について「清宮流の二刀流で」とコメント。早大に進学しながらプロに進むという文武両道の二刀流を提案した。

 誰もが注目する清宮の進路。報道でも進学説もプロ入り説も飛び交うなど、混とんをしている。番組でも清宮の進路についてスポーツ紙の報道などを紹介したが、コメントを求められた手嶋氏は「ぼくは前から、この際だから清宮流の二刀流でと言ってきた」と切り出した。

 「進学というのは、文字通り、学校で勉強するのですから、別に野球部に入ることは意味しない。早稲田の入学資格はあるのでしょうから、eスクールや、今随分いろんな形で学べますから、それで同時にプロにと」と、通信教育などで勉強を続けながら、プロで活躍するという文武両道の二刀流を提案。「こういう人はこれから出てくると思う。(投打の二刀流の日本ハム)大谷選手の向こうを張って、新しい清宮流を追及してほしい」とエールを送った。

 元プロテニスプレーヤーの杉山愛も「テニスでも、プロをやりながら通信制大学で(勉強を)やっている人いますから」とテニス界ではすでに例があると紹介。フリーアナウンサーの高橋真麻は「メジャーに行くのなら、米国の大学で生の英語とか土地勘とかを先に肌で感じちゃうというのもありかなと」と、さまざまな意見が飛び出していた。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/19(土) 22:45