ここから本文です

元鯉戦士・黒田の“男気”継承者は中田廉!

7/31(月) 13:41配信

デイリースポーツ

 最下位に低迷する真中ヤクルトを攻守で圧倒した首位の緒方カープ。30日の17回戦(マツダ)は、マジック点灯を目前にする赤ヘル軍団の強さを際立たせた。4番・鈴木が守備で同点を阻止するレーザービームを繰り出し、打っても21号3ランを含む4安打5打点と大爆発。元4番の新井も先制打に8号3ランの4打点と奮起した。今季最多タイの14得点を叩き出した超強力打線をバックに2年目・岡田もスイスイと9勝目。夏バテが心配される8月戦線だが、リーグ連覇に突き進む軍団には全く関係なさそうだ。

 もちろん、鈴木を中心とする打線が今年の快進撃を支えているのは間違いない。しかし、OBの野球評論家・横山竜士氏は一人の中継ぎ右腕に注目する。「彼の存在が本当に大きいと思うんです」と最大限の評価をしたのはプロ9年目の27歳・中田廉。その存在感をいかんなく発揮した場面が、30日の17回戦にあった。

 六回裏に一挙8点を奪い、9-0とリードして迎えた七回表。先発・岡田に代わり、2番手として一岡がマウンドに上がった。しかし、先頭・藤井の打球が左ひざ下を直撃。わずか1球で降板すると、へーゲンズが緊急登板したが、アップ不足からか2者連続四球で無死満塁とされた。大量得点差で余裕のスタンドから笑みが消え、にわかにざわめき出した。そんな中、火消し役に指名されたのが中田だった。

 「普通なら『満塁の走者全部返してもいいや』と思って投げるんですが、中田にそんな思いはかけらもなかったんでしょうね。それほど鬼気迫る表情をしていたし、また気持ちの込もった球を投げてました。実際、あの場面で2、3点入っていれば試合はどう転んだかはわからなかったと思います。なんせ前の中日戦で10点差を終盤にひっくり返しているんですから」

 横山氏が言うように、中田は最少得点差を必死で守ろうとする守護神の様相を呈していた。無死満塁から代打・リベロを空振り三振に仕留めると、好調の坂口は浅い中飛に抑え、さらに山崎を遊ゴロに切って取った。最後は難しいバウンドのゴロだったが遊撃・田中が懸命にダッシュしショートバウンドで好捕、素早い投球で間一髪一塁に刺した。中田の魂の込もった投球が田中を突き動かしたのだった。

 「田中もナイスプレーでしたが、やはり廉(中田)の『絶対に1点もやらん!』という投球でしょうね。どんな状況でもスイッチを入れられる彼のような投手が中継ぎにいるのは本当に大きいし、心強いですよ」

 同じ中継ぎ投手として長年カープを引っ張ってきた横山氏と中田は、中田が入団した2009年から横山氏が現役を引退した14年までの6シーズンで苦楽を共にしてきた。期待されながら結果を残せない中田の苦しみを間近で見てきただけに、プロ9年目を迎えた今年にかける決意と覚悟を感じるという。今季はすでに39試合に登板し、キャリアハイだった2014年(66試合)に次ぐ数字をマーク。速球の威力が戻り、なおかつスライダー、フォークに磨きがかかって防御率1・91と安定感が増した。ここまで満塁のピンチで7度登板しているという事実も、緒方監督の大きな信頼感を表している。

 “男気”と形容され、カリスマ的存在だった黒田博樹氏が現役を引退し、その後継者が注目された今シーズン。安定度からすれば野村が最右翼で、数字だけをみれば薮田や岡田、大瀬良が候補に挙がるだろう。だが、チームを精神的にも支える存在-という意味では苦労人・中田ではないだろうか。“男気2世”中田の踏ん張りがなければ今日の独走もなかった。これは決して言い過ぎではない。(デイリースポーツ・中村正直)