ここから本文です

「田舎に救済を……」 ポケモンGOの“伝説ポケモン”田舎ではほぼ捕まえられず悲しみの声広がる

7/31(月) 20:33配信

ねとらぼ

 「Pokemon GO(ポケモンGO)」の伝説のポケモン「ルギア」「フリーザー」登場イベント開始から、1週間が経過しました。「フリーザー」の登場が本日で終了し明日8月1日から1週間「ファイヤー」が登場します……が、プレイヤー数が少ない地域のユーザーからは「全く伝説ポケモンを取れる気配がない」と嘆きの声が多数あがっています。一体、何が起こっているのでしょうか。

【画像】伝説ポケモンと戦っているところ

 伝説ポケモンをゲットするには6月23日に実装された、「レイドバトル」で伝説ポケモンを倒す必要があります。これは、「ジム」に出現するポケモンを倒すことで、そのポケモンをゲットするチャンスが生まれるというもの。

 ただし、「レイドバトル」に出現する伝説ポケモンは非常に強力で、1人で倒すことは絶対に不可能。周囲の人たちと協力できるようになっているため、人を集めて一緒に戦う必要があるのです。最大20人まで同時に戦え、一般的なプレイヤーの場合伝説ポケモンを倒すには10人前後は必要です。

 そのため、プレイヤー数が少ない地域では伝説ポケモンが出現しても人が集まらず、全く倒せないという状況が全国で多発しているもよう。伝説ポケモンに限らず、「レイドバトル」自体がプレイヤー数が少ない地域在住のプレイヤーに厳しい仕様となっています。

 そもそも「ポケモンGO」自体、リリース当初から田舎では経験値とアイテムがもらえる「ポケストップ」の数が少ないなど地方格差があると不満の声が多数あがっていました。伝説ポケモンが登場するまでには格差が是正されるかと期待されていましたが特にそういったことはないままです。

 リリースから都会と田舎の格差が広がり続ける同作。既にプレイヤー数が少ない地域在住プレイヤーには諦めムードが広がりつつありますが、今後救済されることはあるのでしょうか。

最終更新:8/1(火) 8:12
ねとらぼ