ここから本文です

C・ロナウド 法廷で徹底抗戦へ

7/31(月) 18:17配信

デイリースポーツ

 スペイン1部リーグ、レアル・マドリードのFWクリスティアノ・ロナウドが1470万ユーロ(約19億1000万円)の脱税容疑がかけられている件で、選手は無罪を主張、検事と真っ向から論陣を張る構えだという。スペインのアス紙が伝えている。

 31日にロナウドはマドリードの裁判所で証言を行うことになっているが、担当弁護士によると「(ロナウドは)税務署をだますつもりはなかったし、刑務所行きの脅しやリスクがあろうとも自身の無罪を主張する」としている。

 ロナウドは2011~2014年の間に得た肖像権収入を第三国の会社を通じて計上するなど4つの罪に問われており、合計2900万ユーロ(約37億6000万円)の罰金と、少なくとも7年の刑務所行きの可能性があるとされる。