ここから本文です

星野源の“最大の罪”とは?告白になぜか拍手沸く、ドラマ「プラージュ」完成披露

7/31(月) 23:38配信

映画ナタリー

WOWOWの連続ドラマW「プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~」の完成披露試写会が本日7月31日、東京・東京国際フォーラムで行われ、星野源、石田ゆり子、仲里依紗、眞島秀和、中村ゆり、渋川清彦、スガシカオ、監督の吉田康弘が登壇した。

【写真】連続ドラマW「プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~」(他47枚)

誉田哲也の小説を映像化した本作は、シェアハウス“プラージュ”を舞台に、さまざまな過去を背負った“訳あり”な住人たちの姿を描いた人間ドラマ。星野は軽い気持ちで覚醒剤に手を出し前科者となってしまう主人公・吉村貴生を演じた。

挨拶が済むと、本作のテーマに絡めて男性キャスト陣が“最大の罪”を告白するコーナーに。星野は「罪だなと思いながらやめられないのですが……締め切りを守らなくなりました」と明かす。そして「今年の目標が『無理をしない』なんですけど、早速ですね。締め切りって守らないことを見越してちょっと前に設定されているんですけど、それがわかってしまう年頃なので甘えてしまって」と言い訳し、「怒られたくないので、かわいげのある締め切りの守らなさを維持して、なるべく楽をして生きていきたい」と宣言。観客から拍手が起こると、「罪を犯したのに拍手をもらえるなんて!」と驚いてみせる。

続いて眞島は「大学を中退したこと。親孝行しようと思うのはそれが原因です」、渋川は「21歳くらいの頃、初めて乗った飛行機で酒をいっぱい飲んだら着いた瞬間吐きました(笑)」と懺悔。最後にスガが「ミュージシャンになる前に会社員をやっていたんですけど、『ミュージシャンになるんで会社員辞めます』って言えなくて……。だから『父親の会社に就職するので会社員辞めます』と。当時係長だったんですけど……」と述べると、客席がざわめき出し、司会者は慌てたように「もう時効ですね!」と話を切り上げた。

また本作で演技に初挑戦したスガは「百戦錬磨の先輩に囲まれ、源ちゃんにはセリフの覚え方を、ゆり子さんには振り向き方を教えてもらって」と振り返る。そして「役者という仕事が面白くて、自分に返ってくるものが多かったので楽しく仕事をさせていただきました。放送を(皆さんと)一緒に……緊張しながら観たいと思います」と照れ笑い。そんなスガを横目に、石田が「スガさんが初めて芝居をしていて、それがとても素敵なんです!『カメラの位置で芝居を変えたほうがいいですか、ゆり子さん?』『カメラの数で変えたほうがいいんですか?』って」と勉強熱心さを絶賛するも、スガは耐え切れず「もうやめて!」と必死に制止していた。

最後に星野が「思ったよりもコメディと言うか。話ごとに魅力が違って、本当に素晴らしいです」と作品をアピールして締めようとしたところ、スガから「源ちゃん脱いでるの! 源ちゃんの裸初めて見た!」と情報が。星野が「僕は役者のほうではわりと脱がされるんで(笑)。スガさんは?」と問うと、スガは「止められました。『スガさんはいいです』って」と少し残念そうな表情に。星野は「なんですか、その明確な差は? なぜ僕は野放しで脱がされるんですか?」と自分だけ脱がされることへの不満を訴え、会場の笑いを誘った。

連続ドラマW「プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~」は8月12日より放送開始。

連続ドラマW「プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~」
WOWOWプライム 2017年8月12日(土)スタート 毎週土曜 22:00~
※全5話
※第1話無料放送

最終更新:7/31(月) 23:38
映画ナタリー