ここから本文です

笑福亭鶴瓶、怪盗グルーは藤浪晋太郎?

7/31(月) 18:53配信

スポーツ報知

 落語家・笑福亭鶴瓶(65)が31日、兵庫・西宮市のTOHOシネマズ西宮で米アニメ映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」(公開中)の大ヒット記念舞台あいさつに出席した。

 怪盗グルーと黄色い謎の生物ミニオンが活躍する人気シリーズの第4弾。21日の公開から2週連続興行収入1位をキープし、興収60億円も目指せる好スタートを切った。グルーの声優を務める鶴瓶は「ここは家の近所なんですよ。30年以上住んでますから。舞台あいさつを西宮でやるとなって、絶対に行きたいと言いました」と凱旋に笑顔。また、同じく日本語吹き替え版の声優を担当している俳優・生瀬勝久(56)、芦田愛菜(13)も西宮出身であることを指摘し、「これは西宮で成り立ってるんですよ」と“地元愛”を明かした。

 また、劇場のちびっ子たちから質問を募集。恥ずかしがってなかなか手を挙げないことに業を煮やした鶴瓶は「何でもええよ。(元SMAPの)中居(正広)君はどうしてんの?とかでもええよ」と会場の笑いを誘った。

 この日は、黄色いミニオンにちなみ、鶴瓶が「一番お気に入り」というミニオン・スチュアートと、甲子園を本拠地とするプロ野球・阪神のマスコットキャラクター・トラッキーが集結。トラッキーには「昨日、能見(篤史投手)が打ち込まれたやないか!」とクレーム。7月7日の巨人戦(甲子園)で始球式を務めたグルーが、剛速球を披露したことを知らされると、「誰が(中に)入ってんねんやろ? 藤浪(晋太郎投手)ちゃうか?」と笑わせた。

最終更新:7/31(月) 18:55
スポーツ報知