ここから本文です

小室哲哉×浅倉大介、新ユニット「PANDORA」結成

7/31(月) 17:04配信

BARKS

小室哲哉と浅倉大介が、新しいユニット「PANDORA」を結成したことが発表された。

◆関連画像

今年に入り、小室のSNSでは“DA / TK DIGITAL ORCHESTRA”という文言とともに予告動画がアップされていたほか、小室と浅倉の2ショット写真が公開されるなど、この二人が何かを企画していることはファンや各メディアの間で話題になっていた。

もともと小室と浅倉は公私ともに師弟関係の間柄。浅倉はaccessとして活動する前にTM NETWORKのサポートメンバーも務めており、小室も彼のキーボードプレイを高く評価しているなど尊敬しあっている。浅倉がTMのサポートを始めた1987年から考えると、およそ30年の時を経て2人がついに「PANDORA」としてタッグを組むこととなったのだ。

今回のユニットに関して浅倉は「まずは尊敬する先生(小室哲哉)とのユニットです。ボク自身すごく嬉しいし、とても楽しみです。先生の考える、これまで、今、これからのデジタルミュージック、音楽シーンへのアプローチを、1つでも多くこのPANDORAで実現させたいと思います。」とコメント。

小室は「今の音楽シーンはジャンルがどうとか、形態がどうとか関係ない状況にあります。テクノロジーの進化により環境に合わせて、データを創ることが可能になりました。浅倉君は最高のシンセサイザープログラマーであり、キーボーディスト。僕の文科系のイメージを理科系の彼が音楽という形にする。作業は少しのコンピューターがあればどこでもできる。今回のユニットPANDORAの概念は“箱”です。その扉を開けて、いろいろなもの、音楽が出てくるのを楽しみにしててください。」と今後の活動を期待させてくれるコメントを寄せている。

今回の発表ではユニット名と二人の写真のみだが、その“PANDORA=箱”からどんなものが飛び出してくるのか続報に期待したい。

最終更新:7/31(月) 17:04
BARKS