ここから本文です

「ハイジとスイス展」開幕 8日まで福島・こむこむ

7/31(月) 11:17配信

福島民報

 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会福島市推進協議会と市の「アルプスの少女ハイジとスイス展」は30日、同市のこむこむで始まった。8月8日まで。
 同市のホストタウンに登録されているスイスとの交流事業の一環で、東京五輪に向け機運を高めるのが狙い。会場ではアルプスの少女ハイジの世界やスイスの自然と文化を紹介するパネルを展示している。期間中の毎日午前10時からと午後2時からアニメ総集編の上映会を催す。
 初日はオープニングセレモニーが行われ、小林香市長が「ハイジは各世代から人気がある。多くの人に足を運んでほしい」とあいさつした。在日スイス大使館のピーター・ネルソン臨時代理大使は「ハイジの世界観を通してスイスの魅力を知ってもらいたい」と祝辞を述べた。小林市長とネルソン臨時代理大使らがテープカットし開幕を祝った。入場無料。時間は午前9時半から午後5時まで。期間中、2回以上来場した先着100人に冊子「ハイジの愛したアルプスの世界」を贈る。

福島民報社

最終更新:7/31(月) 11:44
福島民報