ここから本文です

【NBA】NBAコミッショナー、大麻使用に関する規定について言及

7/31(月) 13:34配信

ISM

 NBAコミッショナーのアダム・シルバー氏が、マリファナの使用を禁ずるリーグの方針を変えるつもりはないとの考えを示していることがわかった。米『NBCスポーツ』のウェブサイトが現地30日に報じた。

 同サイトによると、シルバー氏は米アスリート向けサイト『The Players Tribune』でC.J.マッカラム(トレイルブレイザーズ)と対談。マリファナ使用についてリーグの考えを改める必要性はないと主張し、合法である州と非合法である州を行き来する選手たちにとって、大麻を所持しながらの遠征はトラブルの種になり兼ねないとの持論を展開した。

 NBAではデンバー・ナゲッツ、ポートランド・トレイルブレイザーズ、ロサンゼルス・レイカーズ、ボストン・セルティックス、ゴールデンステイト・ウォリアーズなど、5分の1の球団がそれぞれ本拠地を置く州で、娯楽目的のマリファナ使用が合法化されている。医療用大麻はさらに多くの州で認められているものの、リーグは今後も選手のマリファナ使用を禁止していく方針であると、『NBCスポーツ』は伝えている。

最終更新:7/31(月) 13:34
ISM