ここから本文です

起業・独立で失敗しない! プロが教える起業の始め方

7/31(月) 16:35配信

投信1

起業・独立を考えたけれど、まず何から始めればいいかわからない。そんな声をよく聞きます。そこで、起業・独立への第一歩を踏み出す前に、まず何をすべきか、その考え方をまとめました。

1. なぜ起業・独立するのか

あなたは、なぜ起業・独立をしたいのですか?  まずは、このことを考えてみましょう。お金のため?  生活のため?  家族のため?  世のため・人のため?  名声を得るため?  自由を得るため?  大好きなことをするため?  自己実現のため?  社会貢献のため?  などなど。人によって、その答えは違うでしょう。どれが良いとか悪いとかは、もちろんありません。

ただ、起業・独立の動機、目的は、自分の中で明確にしておかないといけません。明確な動機や目的があるとないとでは、起業・独立してからのモチベーションが全然違います。また、動機や目的がはっきりとしていれば、起業・独立した後に多少の厳しいことがあっても乗り越えられるパワーの源泉となります。

「あなたが一生を掛けて取り組みたいテーマは何なのか?」

まずは、これを明確にしましょう。

2. 起業・独立して何をしたいのか

起業・独立して、具体的に誰に何を提供しますか?  そこが明確になっていないと成功は難しいでしょう。

 1.誰に
 2.何を
 3.どのように売るか
この3点をできるだけ明確に頭に描いてみましょう。たとえば、東京在住の30代~40代の男性向けに、ビジネスですぐ使える英会話力を短期間で身につけられる英会話の授業を提供する。月謝制ではなく、1回あたり○○円とし、その価格を維持するために駅前ではなく、駅から少し離れた家賃の安い物件を借りる。広告費はなるべく抑え、SNSでの口コミをうまく使って宣伝をする。などです。

こうしたアイデアを無数に考えてみて、その中で良いと思えたものについてさらに調査しましょう。業界でうまくやっている企業を分析したり、競合他社と自社をいろいろな要素で比較してみたり、友人に意見を聞いてみたり。日々の忙しさの中で、考える時間を確保することが重要です。電車やバスの中で、街を歩きながら、車窓の風景や中吊り広告を見ながらなど、いろいろと考えを巡らせてみましょう。

1/2ページ

最終更新:7/31(月) 16:35
投信1