ここから本文です

東京のパン好きもびっくり? 関西はなぜパン大国になったのか

7/31(月) 11:50配信

投信1

東京・青山の地で1970年から親しまれてきたパン屋さん「青山アンデルセン」が2017年7月31日をもって営業を終了することになりました。東京メトロが進める表参道駅バリアフリー化などの改修計画に協力するためとのことですが、東京のパン好きの間からは惜しむ声も聞こえてきます。

実はアンデルセンは広島発祥で、デニッシュペストリーを日本に紹介したことでも知られます。それから約半世紀、今やパンの種類は非常に多彩です。食パンやバターロールのようなシンプルなものから、カレーパンや焼きそばパンといった総菜系、クリームパンやあんパンなどのスイーツ系、フランス・ドイツのハード系、最近ではトーストせずに食べる「生食パン」も人気のようです。

どういったパンが好きかは人それぞれですが、パンに使う金額という側面から見てみると、驚くべき地域性が浮かび上がってきます。

パンへの支出金額が多いのは圧倒的に関西!

総務省の家計調査のデータをもとにつくられた1世帯当たりの年間支出金額に関する都道府県庁所在市と政令指定都市をあわせた52都市のランキング※によれば、パンへの支出金額の上位5都市は次の通りとなっています。

※ 2人以上の世帯の品目別年間支出金額(2014年~2016年平均)。政令指定都市は2010年4月1日現在で政令指定都市であった都道府県庁所在市以外の都市(川崎市、相模原市、浜松市、堺市、北九州市)。

【パンへの支出金額(全国平均30,004円)】
第1位 京都市:40,571円
第2位 神戸市:38,137円
第3位 堺市:37,346円
第4位 岡山市:36,854円
第5位 大阪市:36,181円

なんと、トップ5のうちの4都市が関西で、大阪は2都市がランクインしています。また、関西の他の政令指定都市も奈良市が6位、大津市が8位、和歌山市も12位と、関西は圧倒的な「パン大国」なのです。実際に京都市内や神戸市内のパン激戦区ともなれば、徒歩10分圏内に数軒のパン屋さんがあったりもします。

一方、関東の各都市のランキングを見てみると横浜市の10位が最高で、その次はさいたま市の13位、東京都区部は15位と、パンへの支出金額は決して突出したものではありません。

ちなみにアンデルセン発祥の広島市は7位となっています。

1/2ページ

最終更新:7/31(月) 12:15
投信1