ここから本文です

HIFIMANの新最上位イヤホンRE2000。8月末まで特価15万円で買える

7/31(月) 18:25配信

Stereo Sound ONLINE

キャンペーン期間は8/4~8/31まで

 米国のハイエンドオーディオブランド HIFIMANから、ユニバーサルIEM(イヤホン)の新製品「RE2000」が8月4日より発売される。価格は18万円(税別)だが、8月31日まではキャンペーン特価で15万円(税別)となる。

プラグの画像を拡大

 RE2000は、同社イヤホンのフラッグシップに位置づけられる製品。搭載するドライバーは9.2mm径のダイナミック型1基となるが、その振動板(ダイヤフラム)には、新技術を投入した“トポロジーダイヤフラム”が採用されているのが特徴だ。

 トポロジーダイヤフラムとは、振動板の表面に特殊なメッキ(コーティング)を施したもので、そのコーティングが作り出す表面の模様=幾何学模様が、音質の肝になるのだという。これまで長い年月をかけて、コーティングの研究を重ね(材料やメッキの厚さなどをコントロール)、ようやく理想の波形(周波数特性)を奏でる手法(模様)を見つけ出し、今回のRE2000に投入した。

 周波数特性は5Hz~20kHzで、インピーダンスは少し大きめの60Ωとなるが、感度は103dBなので、比較的鳴らしやすい製品と言えるだろう。

 ハウジングには真鍮が用いられ、さらに表面に24Kメッキを施すことで、高級感も演出している。ケーブルは銀メッキ結晶銅ケーブルで、リケーブルが可能。プレーヤー側のプラグはL字の3.5mmステレオミニで、剛性の高い仕上げ。イヤホン側はカスタム2ピンとなっている。

Stereo Sound ONLINE

最終更新:7/31(月) 18:25
Stereo Sound ONLINE