ここから本文です

【山形IH2017速報】ふたば未来学園が2年連続4度目の栄冠!<女子団体>

7/31(月) 21:03配信

バド×スピ!/バドミントン・マガジン

南東北インターハイ・バドミントン競技(山形県・鶴岡市ほか)は、7月31日に男女団体戦の準々決勝から決勝戦までが行なわれた。

女子団体は、春の高校選抜を制したふたば未来学園(福島)が、柳井商工(山口)を3-2で破り決勝に進出。もう一方のヤマでは、埼玉栄(埼玉)と青森山田(青森)の名門校同士が激突し、青森山田が接戦を3-2で制して決勝の切符をつかんだ。

男子同様、東北勢対決となった決勝戦は、ダブルスのポイントを両チームが奪い合い1-1。第1シングルスはふたば未来の1年生ルーキー・内山が勝利をつかみ、青森山田にプレッシャーをかける。しかし、第2シングルスはふたば未来の水井が1ゲーム終了後に途中棄権となり、勝敗の行方は第3シングルスに委ねられた。

ここで奮起したのは、ふたば未来学園の3年生エース高橋。青森山田の森沙耶にねばられながらも、最後はファイナル勝負の接戦を抜け出して勝利。ふたば未来がインターハイ2連覇、そして高校選抜に続く春夏連覇を達成。また、男子とともにアベック優勝を飾っている。

▼準々決勝
ふたば未来学園(福島) 3-1 英明(香川)
柳井商工(山口) 3-2 聖ウルスラ学院英智(宮城)
青森山田(青森) 3-1 九州国際大付(福岡)
埼玉栄(埼玉) 3-1 日本ウェルネス(西東京)

▼準決勝
ふたば未来学園 3―2 柳井商工
青森山田 3―2 埼玉栄

▼決勝
ふたば未来学園 3-2 青森山田

バドミントン・マガジン編集部