ここから本文です

受験生に特色PR 柏で「首都圏進学フェア」

7/31(月) 10:04配信

千葉日報オンライン

 来春の中学、高校入試に臨む受験生らを対象に、千葉県内各校が教育理念や特色などをPRする総合進学相談会「首都圏進学フェア2017in千葉」(NPO法人親子進路応援センター主催、千葉日報社共催)が30日、柏市の柏の葉カンファレンスセンターで開幕した。8月27日までに、千葉市など県内3会場で順次開催される。

 フェア初日の30日は、中学3年生や保護者ら計約3630人が来場。県内の公立、私立高校を中心に約90校が出展し、各校の担当者がそれぞれのブースでカリキュラムや自慢の施設などをアピール。試験日程や出題傾向についても情報提供し、受験生らはメモを取りながら熱心に聞き入った。

 母親と一緒に各校の説明を聞いて回った鎌ケ谷市立第四中学校3年の田中希和さん(14)は「大学進学率を重視して選びたい。得意な理系科目をしっかり学べる学校に進みたい」と話した。

 次回は来月5日(午前11時から)と6日(午前10時から)に千葉市美浜区の幕張メッセ国際会議場で開催され、期間中最多の約180校が参加する。同20日午前11時からは成田市のメルキュールホテル成田で、同27日正午からは木更津市の木更津市民会館で開かれる。いずれも入場無料。