ここから本文です

當山みれい「私の歌をみんなの生きる糧にして」未来へ紡ぐ想い/インタビュー

7/31(月) 15:10配信

MusicVoice

 シンガーソングライターの當山みれい(19)がミニアルバム『願い E.P.』をリリースした。中学生の時に米・ニューヨークへ留学し、全米トップのゴスペルチーム「Gospel For Teens」で、アジア人として唯一のリードボーカルで活躍した他、MIREI名義で全米デビューした経歴を持つ才女。今作は“みんなが心の底から泣ける曲”をテーマに、自身のルーツである洋楽R&Bをベースにしながら、日本人特有のわびさびを感じさせるものになった。幼い頃から音楽に救われてきたと言う彼女は「私の歌をみんなの生きる糧にして欲しい」と話す。今作ではフィンランドのアーティストとコラボした曲なども収録。制作中のエピソードや彼女の考える恋愛観などについて話を聞いた。

初めての真剣な恋から学ぶことは多い

――「願いE.P.」のリード曲「願い~あの頃のキミへ~」は、童子-T feat.YU-Aによる2008年のヒット曲のカバーですね。どうしてこの曲をやろうと?

 今後に向けて、自分のルーツである洋楽のヒップホップやR&Bだけじゃなく、日本語の歌で、今まで多くの人に受け入れられた曲は何だろう? とたくさん聴いていった中で浮上したのが、約10年前に着うたなどで流行った「願い」です。

 改めてじっくり聴いた時は、まるで自分のことを歌ってくれているみたいで、すごく感動しました。それで、童子-Tさんとは以前にボーカルディレクションをしていただいていて面識があったので、直接「カバーさせてください」とお願いをしたところ、快くOKのお返事をいただきました。

――自分のことを歌っているように思えたのは、歌詞が、今の自分の気持ちとリンクしたということですか?

 はい。失ってから気づく、その人の大切さと言うか…。恋人だけじゃなく、自分にとっては、今まで支えてくれたスタッフさん、友だちや家族などへの様々な気持ちも入り交じって、自分の中ですごくハマったと言うか。グサッと胸に突き刺さりました。

 原曲は、本気で恋をして失恋する歌です。大人の恋愛観なのですが、それを大人と子どもの中間である19歳の私が、等身大の言葉と声で歌うことによって、より同世代のみんなに伝わるのではないかと思いました。

――イントロなど原曲を活かしたところもありますが、童子-Tさんがラップしていたところは、當山さん独特のラップっぽい歌い方になっていて、歌詞も違っていますね。

 歌詞は、童子さんのバースと時系列で対比するように、韻を踏みながら書いています。原曲の男の人の気持ちに対して、じゃあ女の人はどういう気持ちかな? と、想像を含めて自分ならこうするだろうと置き換えながら書いていきました。

――歌詞にスタンプが出てくるのは、今の當山さんらしいですね。

 童子さんの原曲にはメールが出て来ますが、それはあくまでも当時のガラケーの象徴で、今はほとんどの方がスマホなので、メールよりはLINEだろうと思って。

 こういった情景描写が細かく出来て、なおかつ歌っても気持ち良いのが、ラップの良いところですね。私はラッパーではないので、歌にちょっとラップ風のフロウを入れていく感じになりましたが、ラップと歌の良いところ取りをした結果、こういう歌い方になったという感じです。

――「あの頃のキミへ」というサブタイトルは?

 昔の上手く行かなかった恋愛があったからこそ、また次に誰かを好きになったり付き合ったりしたときに、今度はこうしようと思うわけで。過去を振り返りながら、気持ちは前を向いている感じです。

 誰にとっても初めての真剣な恋は、きっと学ぶことが多いと思います。大抵の人は、そういう最初の恋のことを覚えていると思うし、当時は辛い経験だったとしても、年月を経てその経験があって良かったと思えている人は多いのではないでしょうか。そういう気持ちが、ちゃんと伝わったら良いと思って歌っています。

――今の自分があの頃の自分に何かを伝えるとして、何歳の自分に何を伝えたいですか?

 例えばこの曲がヒットした2008年、小学4年生だった自分に対しては、「もっとお母さんに料理とか家事を習っておきなさい」と伝えたいですね(笑)。

 私は大阪出身で中学生の時に留学して、帰国してすぐ東京で1人暮らしをするようになりました。最初の頃は、学校に行ってレッスンに行って、家に帰るともうクタクタでした。効率の良い家事のやり方などいろいろ教わっておけば、もっと自分の時間を作れたのではないかなと。

1/3ページ

最終更新:7/31(月) 15:43
MusicVoice