ここから本文です

北海道で非常に激しい雷雨 東・西日本は猛暑と天気急変に注意

7/31(月) 5:39配信

ウェザーマップ

 きょう31日は、低気圧の影響により北海道で局地的に雷を伴った非常に激しい雨の降るおそれがある。一方、東・西日本では最高気温が35℃以上の猛暑日が予想されるとともに、午後は天気の急変にも注意が必要だ。

 きょうは三陸沖で低気圧が発生し、ゆっくりと東へ進むため、北海道では広く雨となり、局地的には雷を伴った激しい雨や非常に激しい雨の降るおそれがある。東北も雨が降りやすく、雷を伴うところもありそうだ。

 一方、東・西日本では晴れ間が出て、日中は気温が35℃以上となるところもある見込み。関東や東海ではきのうとの気温差も大きく、東京の予想最高気温はきのうより5℃高い34℃、名古屋は6℃高い35℃となっている。厳しい暑さが予想されるため、熱中症に特に注意が必要だ。

  <予想最高気温・主な地点>
  36℃ 大阪、京都、熊本、佐賀
  35℃ さいたま、名古屋、岡山、松山、日田(大分)、鹿児島

 また、日中の気温上昇に加え、東・西日本には小笠原諸島近海にある台風5号の縁辺を回る暖かく湿った空気が流れ込むため、午後を中心に大気の状態が不安定となる。このため、晴れるところでも、午後は局地的に雨雲が発達して、激しい雨や非常に激しい雨の降るおそれがある。急な強い雨や雷雨に注意が必要だ。(気象予報士・染井明希子)

最終更新:7/31(月) 6:00
ウェザーマップ