ここから本文です

フォーミュラE最終戦モントリオール・レース2FP:1回目でディ・グラッシがトップタイム

7/31(月) 0:36配信

motorsport.com 日本版

 7月30日(日)、いよいよ最終幕となるフォーミュラEシーズン3モントリオールePrixレース2のフリー走行が行われた。

フォーミュラEシーズン3最終戦モントリオールePrixレース2フリー走行結果

 フリー走行1回目では、昨日のポール・トゥ・ウィンで弾みをつけたルーカル・ディ・グラッシ(アプト・シェフラー・アウディ・スポート)がトップタイムを記録した。

 2番手はルノー・e.ダムスのニコラス・プロスト、3番手はその同僚のセバスチャン・ブエミだった。

 昨日行われたレース1終了後、車検で車両の最低重量が満たされていなかったことが確認され、失格の裁定を受けたブエミ。年間ランキング2番手だったディ・グラッシに10ポイント差つけて、トップでモントリオールを迎えていたが、この一戦で形勢が逆転してしまった。18ポイントという大差をつけられたブエミは、今やディ・グラッシを追う立場にある。

 フリー走行2回目では、フェリックス・ローゼンクビスト(マヒンドラ)がトップタイムを記録した。

 30分間で行われたフリー走行の序盤で、トップタイムを記録していたのはジャン-エリック・ベルニュ(テチータ)だった。しかし、それをローゼンクビストが1分21秒183をマークして上回った。

 残り10分のところでブエミが予選シミュレーションを行うも、ローゼンクビストのタイムには及ばず2番手タイム。ホセ・マリア・ロペス(DSヴァージン)やディ・グラッシらもそれに続いたが、ブエミを上回ることはできず。

 結局、ローゼンクビストのタイムが最後まで破られることはなく、最後のフリー走行セッションは終了した。2番手はブエミ、ロペスが3番手で続いた。なお、ポイントリーダーであるディ・グラッシは9番手だった。

 前日に行われたレース1のフリー走行と予選でも、1分22秒台が主流であったが、レース2のフリー走行2回目では、トップ10までが1分21秒を記録している。

 フォーミュラEシーズン3最終戦モントリオールePrixレース2予選は日本時間7月31日(月)深夜0時50分よりスタートする。