ここから本文です

8月上旬も西日本中心に猛暑 高温に関する情報 気象庁

7/31(月) 14:32配信

ウェザーマップ

 きょう31日も西日本を中心に厳しい暑さとなり、九州北部を中心に37℃を超える猛烈な暑さに見舞われている。午後2時20分までに観測された最高気温は、福岡県久留米市37.5℃、大分県日田市と佐賀県嬉野市37.3℃、鹿児島県薩摩郡さつま町37.1℃など。 気温だけでなく湿度も高い傾向がみられ、多くの地域で身体に堪える暑さとなっている。

 あす8月1日(火)も西日本を中心に気温が高く、大分県や山口県の内陸部は36℃前後まで上がる見込み。西日本では、2日(水)以降も厳しい暑さが続く予想。一年で最も暑い時季であるが、特に5日(土)からの1週間ほどは、北陸や東海、沖縄・奄美など周辺の地域を含めて、気温が平年よりかなり高くなりそうだ。このため、気象庁は「高温に関する異常天候早期警戒情報」を発表して、熱中症など体調管理や農作物の管理等に注意するよう呼びかけている。

最終更新:7/31(月) 14:32
ウェザーマップ