ここから本文です

イズナー 2週連続V、苛立ちからストリング殴り負傷も<男子テニス>

7/31(月) 11:37配信

tennis365.net

アトランタ・オープン

男子テニスのアトランタ・オープン(アメリカ/アトランタ、ハード、ATP250)は30日、シングルス決勝戦が行われ、第2シードのJ・イズナー(アメリカ)が第4シードのR・ハリソン(アメリカ)を7-6 (8-6), 7-6 (9-7)のストレートで下して2週連続のタイトル獲得、キャリア通算12勝目をあげた。

【錦織らシティOP組み合わせ】

決勝戦、イズナーはトータルで23本のサービスエースを叩き込んで流れを掴み、リターンゲームでも鋭いバックハンドでエースを奪うなど、積極的に攻め込んだ。

試合途中、思うようなプレーが出来ない苛立ちから右手でラケットのストリングを殴り、負傷した箇所を治療する場面も見られたが、最後はストレートにフォアハンドが決まり、1時間47分で勝利を手にした。

先週のホール・オブ・フェーム選手権(アメリカ/ニューポート、芝、ATP250)で1セットも落とすことなく全試合完勝で優勝を果たした32歳のイズナーは強力なサービスに加え、リターンゲームでの攻撃的なプレーでポイントを獲得するなど、好調さを見せている。

tennis365.net

最終更新:7/31(月) 11:37
tennis365.net