ここから本文です

マティッチ、マンU移籍でついに決着か 数日以内には正式発表とも

7/31(月) 1:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

移籍金は4000万ポンドか

マンチェスター・ユナイテッドがついに、新シーズンに向けたスカッドを完成させるかもしれない。

ユナイテッドはこれまでチェルシーに所属するネマニャ・マティッチの獲得に迫ってきた。移籍間近と報じられながらも、正式発表はなく交渉が難航している。しかし、ようやくチェルシーと合意に至ったとのではないかと英『Daily Mail』が報じた。同紙によると移籍金4000万ポンド(約60億円)で決着がつき、今週中には正式発表されるという。また、モナコからMFティムエ・バカヨコを招聘できたことにより、アントニオ・コンテ監督がようやく首を縦に振ったのではないかと同紙は見ている。

マティッチは16-17シーズン、チェルシーの中盤を支え2シーズンぶりのリーグ優勝に貢献。また、ジョゼ・モウリーニョ政権時代のチェルシー優勝メンバーであり、移籍となれば同監督と再会することになる。

プレミアリーグの頂点に返り咲きたいユナイテッドは、モウリーニョ政権2年目となり、16-17シーズンのような6位では許されない。別のタイトル勝ち取ったとはいえ、プレミアリーグを優勝してこそユナイテッドだろう。マティッチの加入が決まれば、ユナイテッドはさらに強力なスカッドが完成するはずだ。

https://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合