ここから本文です

弟がダイアナ元妃を語る 「姉は全然シャイじゃない」

7/31(月) 22:01配信

ELLE ONLINE

20歳のときにチャールズ皇太子と結婚、世界中の脚光を浴びたダイアナ元妃。恥ずかしそうに話す様子から「シャイ・ダイ」という愛称で親しまれていたけれど、弟のチャールズ・スペンサー伯爵曰く「姉は全然シャイじゃない」。

【写真】チャールズ皇太子とダイアナ元妃の悲しすぎる結婚生活を写真で検証

雑誌『ピープル』のインタビューに答えたスペンサー伯爵。子ども時代に母親と一緒にスコットランドに遊びに出かけたときのことを振り返りつつ「姉はとても勇敢でした」「ザリガニを取ろうとして罠を仕掛けたんです。引き上げたら、たくさんのアナゴが入っていました。黒くて歯があってとても長くて、ボートの中で跳ね回っていました」。そのアナゴを見て「ダイアナはペンナイフを取り出して、対処してくれました」!

ちなみに「ダイ」という愛称も妃になって初めて付けられたもの。「家族の中にダイと呼ぶ人はいませんでした」そう。お転婆すぎる素顔が明らかになったけれど、スペンサー伯爵曰く「彼女はどんな人でもー最も尊大な人も最も謙虚な人もー和ませてしまう女性でした。これは素晴らしい、天から与えられた才能です」。

来月で亡くなって20年になるダイアナ元妃。知らない素顔や隠された一面がまだまだありそう。
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:7/31(月) 22:01
ELLE ONLINE