ここから本文です

7歳の女の子に心臓移植を 県内で募金始まる 静岡

7/31(月) 19:00配信

静岡放送(SBS)

静岡放送(SBS)

 重い心臓病を患う7歳の女の子の両親がアメリカでの心臓移植手術を目指しています。手術にかかる費用約3億円を集めようと募金活動が始まりました。
 神奈川県に住む岡崎雫ちゃん(7)。これまでに幾度となく心臓が止まる命の危機に瀕してきました。
 雫ちゃんは心臓の筋肉が緻密にならない「心筋緻密化障害」という難病を患っています。何度も致死性の不整脈で意識を失い、医師から「助かるには心臓移植しか道がない」と診断を受けました。
 しかし、国内では子どもの心臓移植を受けられる可能性は低く、雫ちゃんの両親はアメリカでの移植を希望しています。
 静岡市出身の母親、泉さんは協力を訴えました。「しずくちゃんを救う会」によりますと手術や渡航にかかる費用は3億1000万円で、現在、1300万円ほどが集まっているということです。
 「しずくちゃんを救う会」は年内の目標額達成を目指していて今後は、街頭での募金活動やホームページで支援を呼び掛ていくということです。

最終更新:7/31(月) 19:00
静岡放送(SBS)