ここから本文です

【インターハイ】陸上男子走り幅跳び 酒井由吾(南多摩)会心の跳躍で初優勝

7/31(月) 16:00配信

高校生新聞オンライン

 全国高校総体(インターハイ)陸上の男子走り幅跳び決勝が7月30日にNDソフトスタジアム山形(山形県天童市)で行われ、7メートル68(追い風1.8メートル)をマークした酒井由吾(東京・南多摩中等6年=高校3年)が初優勝を果たした。1回目はファウル。2回目と3回目もそれほど記録を伸ばせなかったが、4回目に一気にトップに躍り出た。3年前の全中チャンピオンも、昨季は記録が伸びずに苦しんだが、高校最後の大一番で会心の跳躍をしてみせた。(文・小野哲史、写真・幡原裕治)

高校生新聞社