ここから本文です

【ホークス見どころ】東京ドームで「鷹の祭典」過去2勝3敗 苦戦の地で7月白星締めなるか

7/31(月) 16:47配信

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク―日本ハム(31日18時・東京ドーム)

 夏の恒例イベント「鷹の祭典」が今年も東京ドームで行われる。2005年にスタートした鷹の祭典は通算60試合で41勝19敗(勝率6割8分3厘)。今年も福岡、北九州開催の6試合で5勝1敗と圧倒的な強さを見せているが、東京ドーム開催に限ると分が悪い。2012年から毎年1試合あり過去2勝3敗と負け越している。先発の松本裕は東京ドーム初登板。中11日のマウンドで約1カ月ぶりの白星となる3勝目を目指す。日本ハム先発の吉田はソフトバンク戦初登板。データは乏しいが、7月の打率3割6分8厘の柳田、同3割5分3厘の今宮ら、好調な打者を中心に攻略して7月を白星で締めくくれるか。ゲーム差なしで追う首位の楽天は試合がなく、ソフトバンクが勝てばマイナス0・5ゲーム差となる。

西日本スポーツ

最終更新:7/31(月) 16:47
西日本スポーツ