ここから本文です

ジョコビッチ 10年ぶりにトップ4から転落、世界ランク5位へ後退<男子テニス>

7/31(月) 16:57配信

tennis365.net

世界ランキング

男子テニスの7月31日付ATP世界ランキングが発表され、右肘の負傷で長期休養を発表したN・ジョコビッチ(セルビア)は昨年のロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)優勝時の1,000ポイントが失効され、2007年6月以来 約10年ぶりにトップ4から転落の5位へ後退した。

【錦織らシティOP組み合わせ】

26日、ジョコビッチは自身のフェイスブックのライブ動画で「大きな決断を下した。2017年の残りの大会には出ない」と休養を明かした。

8月の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)を含む全大会を欠場することにより、2005年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)からの四大大会連続出場が51でストップ。さらに、2010年以来7年ぶりとなる四大大会無冠のシーズンとなった。

また、同日に発表された世界ランキングでは、A・ズベレフ(ドイツ)が自己最高の8位を記録。錦織圭は前回より1つ下げて9位へ後退した。

7月31日付の男子ATP世界ランキングは以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント

■1位[ - ]…A・マレー(英国)
7,750ポイント(7,750ポイント)

■2位[ - ]…R・ナダル(スペイン)
7,465ポイント(7,465ポイント)

■3位[ - ]…R・フェデラー(スイス)
6,545ポイント(6,545ポイント)

■4位[ +1 ]…S・ワウリンカ(スイス)
5,780ポイント(6,140ポイント)

■5位[ -1 ]…N・ジョコビッチ
5,325ポイント(6,325ポイント)

■6位[ - ]…M・チリッチ(クロアチア)
5,155ポイント(5,075ポイント)

■7位[ - ]…D・ティーム(オーストリア)
4,065ポイント(4,030ポイント)

■8位[ +3 ]…A・ズベレフ
3,150ポイント(3,070ポイント)

■9位[ -1 ]…錦織圭
3,140ポイント(3,740ポイント)

■10位[ -1 ]…M・ラオニッチ(カナダ)
3,130ポイント(3,310ポイント)

tennis365.net

最終更新:7/31(月) 16:57
tennis365.net