ここから本文です

チームオーダーを発令したメルセデス、ハミルトンの”4位”には「後悔するかもしれない。でも正しい事だ」/F1ハンガリーGP

7/31(月) 19:12配信

motorsport.com 日本版

 メルセデスは、ハンガリーGPのファイナルラップでルイス・ハミルトンをスローダウンさせ、バルテリ・ボッタスに3位を譲らせたことについて、「後悔する日が来るかもしれないが、正しいことだった」と納得しているようだ。

【写真】メルセデスに対称的な姿勢をとったフェラーリ。かろうじて1-2フィニッシュをキープ

 ハンガリーGPの中盤、トップを走っていたフェラーリのセバスチャン・ベッテルにステアリングのトラブルが発生しペースダウン。フェラーリとメルセデスの4台からなるトップ4が接近した。

 4番手のハミルトンは、フェラーリ2台の攻略に挑戦したいとチームに直訴。これに応じる形でメルセデスはチームオーダーを発令し、もしハミルトンがフェラーリをパスできなかった場合はボッタスに3番手を返すという条件付きで、ボッタスが彼にポジションを譲った。

 一方で、フェラーリは2番手を走っていたキミ・ライコネンをベッテルの前に出すことはせず、ライコネンにベッテルを守らせるような形に。オーバーテイクがしにくいハンガロリンクという地の利も味方し、ハミルトンの攻撃を抑えきったフェラーリが1-2フィニッシュを果たした。

 ファイナルラップに入る頃には、ボッタスはトップ3についていけず8秒弱ほど後方。その上マックス・フェルスタッペン(レッドブル)から猛追を受けるという難しい状況だったが、それでもハミルトンはチームの指示に従いスローダウン。ボッタスにうまく順位を譲り4位でフィニッシュした。

 ランキング首位のベッテルに1ポイント差まで迫っていたハミルトンだが、その差が14ポイントに拡大して夏休みを迎えることになった。もし、ボッタスに3位を渡さずにハミルトンがフィニッシュしていれば、その差は11ポイント。ハミルトンもポジションを譲ったことには納得しているものの、この3ポイントでハミルトンがワールドチャンピオンを逃すようなことがあれば、彼を苦しめることになるだろう。

 メルセデスのチーム代表を務めるトト・ウルフは、”起きたこと”の価値はまだ分からないとすんなりと認めた。一方で、チーム内での公平性とチームスピリットを守られたことで、将来的に更に大きな報いが得られるだろうと、彼は考えている。

「決定を後悔していないと言っても、それはとても嘘っぽいモノになるだろう」と、ウルフは今回の結果がタイトル争いに影響する可能性について語った。

「もし我々が2ポイントか3ポイント差でチャンピオンシップを失った場合、誰もが(今回の)ブダペストのせいだと考えるのは事実だろう。そうなった場合、まず判断を誤り墓穴を掘ったのは、私だということになる」

「それでもやはり、私は長期的に考えている。言ったことを守り、自分たちの価値を守ることで、我々は更に多くのチャンピオンシップに勝つことができるんだ」

「それはつらい指示だったし、とても難しい決定だった。おそらく、過去5年で最も難しい決断だ。なぜなら、マックスがどれだけ近づいているかわからなかったからだ」

「現時点では、私はハッピーだとは言えない。だが、なんと言えば良いんだ? 十分な速さはなかったが、少なくともスポーツマンらしくはあった」

1/2ページ