ここから本文です

早くもチームに溶け込んだサラーを同僚が大絶賛 “新ホットライン”も誕生か

7/31(月) 15:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

連携は問題なしか

リヴァプールは30日、ドイツのベルリンでヘルタとの一戦に挑んだ。16-17シーズン、ブンデスリーガ5位相手にリヴァプールは0-3と快勝している。

プレミアリーグ開幕を2週間後に控えるリヴァプールは、順調な仕上がりを見せている。また、選手間の連携も息が合うようになってきており、特にフィリペ・コウチーニョのパスを新加入のモハメド・サラーが決めたゴールは、新ホットラインの誕生が垣間見えるシーンであった。この日チーム2点目のゴールを奪ったジョルジニオ・ワイナルドゥムは、そのサラーの偉大さを実感しているようだ。同選手はクラブ公式サイトに、サラーの人柄について語った。

「彼は本当に魅力的だよ。ドレッシングルームにいたから彼のゴールは見れなかったが、素晴らしいゴールだったと聞いたよ。彼は本当に安定していて、選手としてだけでなく人としても素晴らしいんだ。だからチームが彼を受け入れるのは簡単だったよ。彼はここにきて以来、とても自由にやっている。それは僕たちにとてもいいことだ」

早くもチームに溶け込み、選手たちに認められているサラー。それもリヴァプールのチームワークの良さがあり、新加入選手を迎え入れる準備が常に整っているからに違いない。リヴァプールは16-17シーズン悔しい結果で終わってしまったが、新加入選手がさらにリヴァプールを上のレベルへと押し上げてくれるだろう。

https://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報