ここから本文です

県産製材品輸出額1.6倍 16年度

7/31(月) 11:14配信

宮崎日日新聞

 県が、過去5年間の県産木材の輸出額について調査したところ、2016年度は板材などの木材製品が前年度の約1・6倍に伸び、最多だったことが分かった。輸出先が韓国に加えて中国や台湾にも広がったことが要因。付加価値が高く、県も本年度から台湾への輸出拡大に本腰を入れている。一方で丸太の輸出額は国内需要が一時的に高まり、前年度比で約4割減った。

宮崎日日新聞

最終更新:7/31(月) 11:14
宮崎日日新聞