ここから本文です

ハミルトン「今日返した3点のせいでタイトルを失うかもしれない。でも約束は守りたかった」F1ハンガリーGP

7/31(月) 14:19配信

オートスポーツweb

 2017年F1ハンガリーGP決勝で、メルセデスのルイス・ハミルトンは4位だった。
 バルテリ・ボッタスが前を行くフェラーリ勢を抜くことができなかったため、ハミルトンはチャレンジするためにいったんポジションを譲ってもらった。しかしハミルトンも結局オーバーテイクすることができず、約束どおりポジションを返し、ボッタスが表彰台に立った。

2017年F1第11戦ハンガリーGP表彰台に立ったベッテル、ライコネン、ボッタス

■メルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
ルイス・ハミルトン 決勝=4位
 今日はベストを尽くした。これだけ頑張ってプッシュしたというのにグリッドと同じ位置でフィニッシュするなんてがっかりするよ。

 無線が機能しない時期があった。プッシュしていてペースもあったけど、バルテリに引っ掛かっていた。でも無線が故障していたから、その時はチームに何も伝えられなかった。

 レース終盤、約束を守った。もしキミ(・ライコネン)を抜けなければ、バルテリにポジションを返すと言ったんだ。今年最初から言っているように、僕はこのタイトルを正しいやり方で勝ち取りたいと思っている。シーズン終盤になってほんのわずかの差で負けたら、違う考え方をするかもしれないけど、でも僕は正しいことをすべきだと信じている。いい行動をとっていれば、自分にいいことが起こると思っているんだ。 

 一時は(ポイントリーダーのセバスチャン・ベッテルとの)差が20点で、それが1点になって、今度は14点に戻った。僕らはシーズン前半戦にかなりポイントを取り損ねたと思う。でも、サマーブレーク後にもっと強くなって戻ってくることができれば、僕らが勝てるはずだ。 

(ボッタスにポジションを返したことについて語り)僕は約束を守る男だ。(ボッタスに追いつかせるために)7秒ペースを落とした。(ボッタスのすぐ後ろにいた)フェルスタッペンにも抜かれてしまうんじゃないかと思って心配したけど、幸いそうはならなかった。

[オートスポーツweb ]