ここから本文です

ライコネン「セブより速くても勝てなかったのは、予選でミスした自分のせい」フェラーリ F1ハンガリーGP

7/31(月) 11:22配信

オートスポーツweb

 2017年F1ハンガリーGP決勝で、フェラーリのキミ・ライコネンは2位だった。前を行くセバスチャン・ベッテルはステアリングのトラブルでペースが上がらなかったが、ライコネンはオーバーテイクすることも、チームの協力を得て前に出ることもできないまま、フルスピードで走ることなくレースを終えた。

メルセデス勢はライコネンをどうしても抜けず、3位4位でフィニッシュ

■スクーデリア・フェラーリ
キミ・ライコネン 決勝=2位
 今日のマシンは最高だった。ハンドリングがパーフェクトで、快適に走ることができた。セブ(ベッテル)のすぐ後ろを走っている時でさえもマシンの挙動はとてもよかった。

 メルセデスに抜かれるかもしれないという心配はしていなかった。とてもいいスタートを決めて、ターン1までのアプローチもうまくいった。その後も楽な気持ちで走った。ここのコースはオーバーテイクが難しい。チームメイト相手に無理なことはしたくなかった。ただ、2台のマシンにはさまれて走るというのは簡単な状況ではなかった。
       
 ピットストップに呼ばれた時、本当はもう少し走り続けたかった。あの時、速さがあったんだ。でもチームは大局を見ているのだし、彼らを信頼する。

 結局レースの間ずっとセブの後ろを走り続け、最大限のスピードを発揮せずに終わった。今日はもっといいポジションでフィニッシュできるツールを手にしていたんだけどね。でも、僕は予選をもっとうまくやらなければならなかったと思う。 

 チームとして達成した結果に満足している。それが一番重要なことだ。僕は勝つためにここにいるわけだけど、それでも大局を見れば、素晴らしい週末だったし、それを最大限に活用したのだといえる。 

(ベッテルの前に出られなかったことについて語り)チームとしてのプランがあった。予選でセブがトップだったから、彼が前に行く。そしてどういう形であれ、1-2フィニッシュをすることが目標だった。
 僕は昨日の予選でミスをしてしまったからね。昨日の自分の仕事を振り返ってみれば、決勝でもっといいチャンスをつかめなかったのは自分自身のせいなのだと思う。

[オートスポーツweb ]

Yahoo!ニュースからのお知らせ