ここから本文です

WRC:トヨタ、フィンランドで2017年シーズン2勝目。マキネン「ほぼ完璧な週末だった」

7/31(月) 11:14配信

オートスポーツweb

 7月30日に競技最終日を迎えたWRC世界ラリー選手権第9戦フィンランドで、TOYOTA GAZOO Racing WRTは競技2日目から総合首位に立っていたエサペッカ・ラッピ(トヨタ・ヤリスWRC)が逃げ切り優勝。自身初のWRC勝利を飾ると同時に、チームに2017年シーズン2勝目をもたらした。

【写真】総合3位に入り、自身初のWRC表彰台を獲得したユホ・ハンニネン

 競技最終日のデイ4は、SS22~25の4SSで争われた。前日、49.1秒のリードを築いていたラッピはリスクを避けた走りに徹する。

 途中、コーナーでライン取りがワイドになり、マシンの左リヤホイールにダメージを負う場面もあったが、ラッピは冷静に対処。最終的に36秒のマージンをもってフィニッシュし、最上位クラス参戦4戦目で総合優勝を手にした。

 前日、総合2番手のティーム・スニネン(フォード・フィエスタWRC)と4.9秒差につけていたユホ・ハンニネン(トヨタ・ヤリスWRC)は、総合4番手だったエルフィン・エバンス(フォード・フィエスタWRC)とSSごとにポジションを入れ替える激戦を展開する。

 SS24を終えた段階では、総合2番手にハンニネン、その0.9秒後方にエバンス、16.6秒後方にスニネンというオーダーとなる。

 迎えた最終SS25、エバンスの後にアタックしたハンニネンは4分51秒3でステージを走破。

 しかし、先にアタックしていたエバンスのほうが1.2秒速いタイムだっため、わずか0.3秒で逆転を許し、総合3位。それでも母国フィンランドで自身初のWRC表彰台を手にした。

 デイ3のSS19でメカニカルトラブルに見舞われたヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)はデイ4に出走。SS22~24でトップタイムを記録する走りを披露し、総合21位で完走している。

 今大会で行われた25SSのうち、トヨタは18SSでトップタイムをマーク。また、13SSでワン・ツーを飾ったほか、SS16ではステージトップ3を独占するなど、圧倒的な速さをみせつけた。

 2017年シーズン2勝目に対し、チーム代表のトミ・マキネンは「土曜日のヤリ-マティ(・ラトバラ)のトラブルは本当に残念だったが、それ以外はほぼ完璧な週末だった」と振り返る。

「今回のラリーで大きく前に進むために、全力を尽くしてくれたチームを誇りに思う。我々はドライバーにとても速いクルマを提供することができたし、ドライバーは最高の仕事をしてくれた」

「エサペッカ(・ラッピ)とユホ(・ハンニネン)におめでとうの言葉を贈りたい。私は、23年前に自分がこのラリーで初めて勝った時のことをまだ覚えている。その時の私と同じように、必ずやエサペッカはやってくれると信じていたよ」

 ホームイベントで勝利を飾ったラッピは「このような良い結果を得られるとは想像すらしていなかった。本当に驚いているよ」と喜びを語っている。

 TOYOTA GAZOO Racing WRTが挑む次のラウンドは、8月17~20日にドイツ・ボスタルジーを中心に行われる第10戦ドイチェランド。4月に行われた第4戦以来となるターマック(舗装路)イベントだ。

[オートスポーツweb ]