ここから本文です

河北潟の農産物に親しむ 親子30人、ツアーで収穫体験

7/31(月) 1:41配信

北國新聞社

 河北潟農産物ブランド化推進連絡会の「夏休み親子収穫体験ツアーin河北潟」は30日、津幡町の河北潟農業研修館を発着点に初めて行われ、親子約30人が河北潟干拓地で生産される農産物に親しみを深めた。

 参加者は生産者の指導を受け、金沢市湖南町のビニールハウスで枝豆、内灘町湖西の畑でスイカの収穫を体験した。枝豆の塩ゆでとスイカの試食も用意され、親子は新鮮な農産物に舌鼓を打った。

 連絡会は干拓地の農業の活性化を目指し、金沢、かほく、津幡、内灘の2市2町が今年1月に発足させた。

北國新聞社

最終更新:7/31(月) 1:41
北國新聞社