ここから本文です

ネイマール、宿敵に“別れの挨拶”か…クラシコ後にレアル控室を訪問

7/31(月) 12:41配信

SOCCER KING

 バルセロナのブラジル代表FWネイマールが、アメリカで行われた“エル・クラシコ”終了後にパリ・サンジェルマンへの移籍成立が迫っていることを示唆する行動をとっていたようだ。スペインのテレビ局『クアトロ』の報道を、スペイン紙『マルカ』など複数メディアが30日に伝えている。

 バルセロナは29日、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017アメリカラウンドで、レアル・マドリードと対戦。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの先制ゴールなどで、アメリカ初開催の“クラシコ”を3-2で制した。同試合に先発出場したネイマールは、3ゴールのうち2ゴールに絡む活躍を見せた。

 そして試合後、テレビ局『クアトロ』のカメラは、ネイマールがとった“ある行動”をキャッチ。映像には、同選手がレアル・マドリードの控室に直行する様子が映っていたという。ネイマールは控室に約15分間に渡って滞在し、ブラジル代表のチームメイトであるDFマルセロ、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスといった面々と言葉を交わすと、レアル・マドリードのユニフォーム2着を手にして部屋を出ていったそうだ。ネイマールの行動について、現地の複数メディアは“お別れの挨拶”と報じている。

 バルセロナの地元紙『ムンド・デポルティーボ』は、早ければ31日にもパリ・サンジェルマンへの移籍が正式発表されると伝えている。今回の“クラシコ”がネイマールにとってのバルセロナでのラストゲームとなってしまうのだろうか。

(記事/Footmedia)

SOCCER KING

最終更新:7/31(月) 12:41
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合