ここから本文です

サンダーランドMFギブソンが大暴走…酒に酔って放送禁止用語を連発

7/31(月) 18:57配信

SOCCER KING

 かつてマンチェスター・Uでもプレーしたサンダーランドのアイルランド代表MFダロン・ギブソンが、所属チームと同僚を放送禁止用語を交えて非難する映像が公開され、波紋を呼んでいる。イギリスメディア『ガーディアン』が、30日に報じている。

 同メディアによると、問題の映像はサンダーランドが0-5でセルティックに敗れた親善試合を終え、ギブソンがサポーターの集団と会話している最中に撮影されたとのこと。同選手は酒に酔っていた様子で、自身に比べて努力する姿勢に欠けている選手の名前を挙げるようにファンに促されると、いきなり過激な言葉を連発。相当なフラストレーションが溜まっていることをうかがわせた。

 その後、ファンが努力の足りない選手の具体例としてコートジボワール代表DFラミーヌ・コネ、オランダ代表MFイェレマイン・レンス、チュニジア代表MFワフビ・カズリを挙げるとギブソンは肯定。その後も放送禁止用語を交えながらクラブに携わる一部の人々の姿勢を批判していた。

 サンダーランドはこの件についてまだ公式なコメントを出していない模様だが、1年でのプレミア復帰を目指して挑むチャンピオンシップの開幕を間近に控える中、チームの士気に大きく水を差す問題行動となってしまった。

 マンチェスター・Uとエヴァートンで活躍した29歳のギブソンは、今年1月に恩師でもあるデイヴィッド・モイーズ前監督が率いていたサンダーランドに加入していた。だが、エヴァートン時代の2015年にも飲酒運転の末にひき逃げ事故を起こしており、残念ながら酒癖の悪さは改善されていなかったようだ。

 2011年にはtwitterのアカウントを取得したものの、当時所属していたマンチェスター・Uのファンから低調なパフォーマンスを理由に罵倒の嵐を受けてしまう。その結果わずか97分でアカウント削除を余儀なくされるなど、波瀾万丈のサッカー人生を送ってきたギブソン。映像内では「それでも俺はこのクラブに残りたい」と語っていたようだが、同選手の今後については未だ不透明なままだ。

SOCCER KING

最終更新:7/31(月) 18:57
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報