ここから本文です

静学が2年生FW塩浜の2ゴールなどで3発発進、星稜は5年ぶりに16強逃す

7/31(月) 1:24配信

ゲキサカ

[7.30 全国高校総体2回戦 星稜高1-3静岡学園高 松島運動公園多目的運動広場]

 平成29年度全国高校総体「はばたけ世界へ 南東北総体2017」サッカー競技(宮城)は30日、各地で2回戦を行った。松島運動公園多目的運動広場の第2試合では静岡学園高(静岡)が星稜高(石川)に3-1で快勝。31日の3回戦では旭川実高(北海道)と対戦する。

 2回戦から登場した前回8強の静岡学園が初戦を突破した。試合開始早々の前半2分、FW伊藤稜馬(3年)のゴールで幸先よく先制すると、同31分にもDF金澤優吾(3年)のロングボールからこぼれ球をFW塩浜遼(2年)が右足で蹴り込み、2-0とリードを広げた。

 前半、星稜のシュートを0本に抑え込んだ静岡学園は後半16分、伊藤のシュートがクロスバーに当たった跳ね返りを塩浜が押し込み、3-0と突き放す。星稜も後半アディショナルタイムに途中出場のFW肥田稜平(3年)がゴールネットを揺らすが、反撃をこの1点に食い止めた静岡学園が3-1で勝利。2年連続の3回戦進出を決めた一方、星稜は5大会ぶりに16強入りを逃す結果となった。

最終更新:7/31(月) 1:24
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合