ここから本文です

渦中のネイマールとユニ交換、S・ラモス「これがバルサ最後のユニフォームになれば…」

7/31(月) 11:57配信

ゲキサカ

 ブラジル代表FWネイマールにとってバルセロナでの最後の試合になったかもしれない。30日、バルセロナと対戦したレアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスは、そうなることを願ってユニフォームを交換したようだ。

 パリSG移籍報道が過熱しているネイマール。パリSGは、1億9500万ポンド(約283億円)といわれる契約解除金を支払う準備があるようで、すでに世界記録的な移籍は秒読み段階と報じられている。また、ネイマール自身もチームメイトにバルセロナ退団の意思を伝えた模様。今週中に移籍成立が発表される可能性が高いとみられている。

 渦中のネイマールは現在、バルセロナの一員として米国ツアーに参加中。22日のユベントス戦で2ゴール、26日のマンチェスター・ユナイテッド戦で1ゴールと好調を維持しており、29日に行われたレアルとの“クラシコ”でもMFイバン・ラキティッチとDFジェラール・ピケのゴールをアシストしていた。

 35年ぶりに国外での開催となったクラシコの試合後、ネイマールはS・ラモスとユニフォームを交換した。

 スペイン『マルカ』によると、S・ラモスは「僕は彼と良い関係を築いている。どうなるかはわからないよ。彼とユニフォームを交換したんだけど、これが彼の着る最後のバルセロナのユニフォームになることを願っている。僕らにとって、問題がひとつ取り除かれるわけだからね」と、ライバルクラブにいる友人の移籍を願った。

「自分の将来について、誰もが自由に選べるべきだ。彼はすばらしいサッカー選手であり、バルセロナにとって欠かせない選手でもある。彼が移籍するなら、バルセロナから違いを生み出せる選手が減ってホッとするよ」

最終更新:7/31(月) 11:57
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合