ここから本文です

【特集】絶好調のLCCピーチの裏側…就航5年、貫き通す「ケチケチ」戦略とは

7/31(月) 16:45配信

毎日放送

航空会社大手にとって無視できない存在になりつつあるLCC。就航から5年経ったいまも業界をひっぱり安さを極め続けているピーチは、全日空に委託していた整備を自分たちでするようになってさらに安く飛ばせるようになったといいます。絶好調ピーチの5年の裏側には、大阪の会社ならではのケチケチ根性がありました。

Peach並び替えるとCheap

片道500円という激安運賃を出すなど、格安にこだわり続けるピーチ。そもそも、なぜそんなに安い価格を実現できるのか?その秘密を教えてもらいました。

元○○に本社移転

「あの辺に部署の労務戦略課とか看板はありますけど、あれはぼくでも作れそうな手作り感ある看板ですね」(山中真アナウンサー)
「そうです、手作りで作って、自分たちで脚立にのぼって付けています。ちょっとでも(コストを)抑えて、お客様の航空券に還元したい」(Peach客室乗務課 中村昭菜さん)

ピーチ本社にある備品は中古で購入しているため、イスの種類はバラバラで揃っていません。

Q.来るときに気になったんですけど、動いていないエスカレーターは何ですか?」
「もう使われてないんですが、元々このオフィスが百貨店だったんですね、そのまま“居抜き”で使用しています」(客室乗務課 中村昭菜さん)

元々ここにあった高島屋の場所を去年、本社にしたことで、さらに家賃を安くあげたのです。

操縦室でも削る!?

コスト管理はまさかの操縦室でも。今年、始めたことがあるといいます。

「コクピットにマニュアルをこれだけ載せないといけません」(野中寛之 運航技術課長)
Q.1冊じゃなくて全部ですか?
「いえ、ここからここ全部(19冊)」

タブレット端末を導入し、21キロあった重いマニュアルは思い切って捨てました。これで燃費が変わるといいます。

「チリも積もればで、合計で310万円のコスト削減ができた」(野中寛之 運航技術課長)
Q.どれくらいの期間で?
「1年間です」
ほかの航空会社は?
「載せている会社が大多数です」

1/2ページ

最終更新:8/2(水) 16:24
毎日放送