ここから本文です

ヘイロー批判コメントをカットしたF1

8/1(火) 16:54配信

TopNews

F1公式サイトにはさまざまな動画が公開されている。だが、先週公開されたドライバーの共同会見映像から、来季から導入が決定されたコックピット保護装置「ヘイロー(HALO)」に対する批判的なコメントがすべてカットされていたことが物議をかもしている。

今季のF1第11戦ハンガリーGP開幕前日の27日(木)に2回に分けて行われたドライバー記者会見では、ジャーナリストたちから参加したドライバーにヘイローに関する質問も投げかけられていた。

ところが、その後F1公式サイト上に公開された記者会見映像には、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)やフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)などがヘイロー導入を歓迎すると述べたコメントはしっかりと含まれているものの、ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)やケビン・マグヌッセン(ハース)が行った批判的コメントはすべてカットされてしまっている。

どうしてヘイローに対する批判的コメント部分をすべてカットしたのかとの問い合わせを受けたF1商業権管理団体FOM(フォーミュラ・ワン・マネジメント)の代理人は、『Bild(ビルト)』紙に対し、それは「編集上の判断」だと答えたのみだったという。

最終更新:8/1(火) 16:54
TopNews