ここから本文です

大阪の空が真っ赤に染まる PL花火に狭山池からも大歓声

8/1(火) 21:48配信

THE PAGE

大阪の空が真っ赤に染まる PL花火に狭山池からも大歓声 撮影・編集:柳曽文隆 THEPAGE大阪

 すごい花火や~──。大阪府富田林市のPL教団大本庁で1日夜、恒例の「PL花火芸術」が行われ、約1万発の色鮮やかな大輪が多くの人の目を楽しませた。THEPAGE大阪は、大阪狭山市の狭山池から撮影したが、池の水面に映る色鮮やかな花火は、さらに多くの人の目を楽しませていた。

【拡大写真特集】鉄塔よりも高く 大噴水のような花火に歓声

 狭山池には、夕方から多くの人がブルーシートなどを持って場所取りをする人の姿が多くみられた。大阪狭山市から来たという30代の女性は「きょうは子どもと来たんですけど、毎年の楽しみです。パパは仕事が終わってから来ますんで先に場所取りです」と笑顔で話す。

 同日午後8時すぎ、ようやく最初の花火が見えると、ふだん静かな池の周りから歓声があがる。先の女性の子どもは、土星のような花火をみると「キュウレンジャーの花火や~」と大喜びの様子で叫んでいた。

 大阪府堺市から来た30代の女性は「PLは一つひとつの輪がでかいので、一つひとつ丁寧に見てしまう。地元なので小さいころから見ているけど、やっぱり芸術の輪がデカイですよね。あのデカさがすきです」と興奮気味に話していた。

 堺市から来た40代の男性は「ネットでここが見やすいというので来てみた。暑い中、来た甲斐がありました」とうれしそうに話す。大きな花火があがるたびに「おおっ~」「たまや~」という大きな声が響きわたり、大阪の夜の楽しいひとときも見ることができた。

最終更新:8/6(日) 5:47
THE PAGE