ここから本文です

[新製品]甘みともちもち感が味わえるパナソニックの3合炊き可変圧力IHジャー炊飯器

8/1(火) 11:15配信

BCN

[新製品]甘みともちもち感が味わえるパナソニックの3合炊き可変圧力IHジャー炊飯器

SR-JW057、SR-JX057

 パナソニックは、3合炊きの可変圧力IHジャー炊飯器「SR-JW057」と「SR-JX057」の2機種を9月1日に、3.5合炊きIHジャー炊飯器「SR-KT067」を11月1日に発売する。価格はいずれもオープン。

 「SR-JW057」「SR-JX057」は、炊飯工程後半の追い炊き時にも加圧を行い、釜内を高温化する「加圧追い炊き」を新たに搭載。「加圧追い炊き」によって、お米の芯までしっかり熱を加え、より甘みともちもち感を引き出す。さらに「SR-JW057」には、小容量の3合炊き用に新たに開発した「Wおどり炊き」を搭載。米一粒一粒に均一に熱を伝える。

 高齢者などの「もっとやわらかいごはんを食べたい」というニーズに応え、じっくりとやわらかく炊き上げる「よりやわらかごはん」コースも新たに搭載。ほかにも、吸水しやすいもち米に合わせ、ゆるやかに加熱して炊き上げる「おこわ」専用コース、より短時間で炊飯後のニオイを低減する新「お手入れ機能」も備える。

 「SR-JW057」のカラーは、シャインブラック、豊穣ホワイトの2色。税別の実勢価格は「SR-JW057」が8万円前後、豊穣ブラックのみの「SR-JX057」は6万円前後の見込み。

 IHジャー炊飯器「SR-KT067」は、軽いタッチでも操作できるタッチキーと、天面に凹凸がなく、手入れしやすいフラットなガラスパネルを採用。操作部にはLEDによる大きな文字表示を採用しているので、暗い部屋でも画面がくっきり見える。

 従来機種より、内釜の厚みが約30%アップし、内面には備長炭入りのコーティングを施した。カラーは、ブラック、ホワイトの2色。税別の実勢価格は2万2000円前後の見込み。

最終更新:8/1(火) 11:15
BCN