ここから本文です

岡山共生高出身の陳傑憲、月間MVP初受賞 7月打率5割/台湾プロ野球

8/1(火) 15:00配信

中央社フォーカス台湾

(台北 1日 中央社)台湾プロ野球、統一の陳傑憲内野手(23)が7月の月間MVPに選ばれた。陳の月間MVP受賞は昨年のプロ入り以来初めて。同月、15試合に出場、60打数30安打、打率5割と活躍している。

岡山共生高に野球留学した経験を持つ陳。統一に入団した当初、外野も守っていたが、2年目の今年は安定した打撃で正遊撃手に定着。今季の成績は7月31日現在、打率.408、113安打といずれもリーグトップ。

台湾プロ選抜として今年3月に出場した侍ジャパンとの試合では、巨人のエース・菅野智之、ロッテの石川歩を相手にチーム最多の3安打を放ち、注目を集めた。

同じく統一のブルース・ビリングス投手(31)も月間MVPに選出。同月の成績は3勝1敗防御率1.78。

統一は今季前期3位だったが、後期は7月31日現在、8勝5敗と好調で、前期優勝のラミゴと同率(.615)の1位に並んでいる。

(林宏翰/編集:楊千慧)