ここから本文です

「天声人語 2017年8月1日」

8/1(火) 7:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 国家財政が傾いた戦時中、宝くじをめぐって論争が起きた。提案されたのは通称「国防富くじ」。税収が足りず、戦時国債も売れず、最後にすがりついたのが宝くじだった▼「射幸心をあおるのは古来の醇風美俗(じゅんぷうびぞく)に合わない」「国家風教に悪い影響を及ぼす」と反対論。賛成派は「大型のあみだくじと思えばよい」「新税の代わりになる」と訴えた。名を「勝札(かちふだ)」と改め、敗戦直前の7月に売り出された▼窮すれば鈍するの見本として語り継がれる話を思い出したのは、先日来、重要施策で宝くじをあてこむ発言が続いたからだ。子育て支援策を進めるため「売上総額40億円ほどのくじを来春販売する」と総務相。……本文:1,187文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社