ここから本文です

宝塚退団から1年 男役トップスター・龍真咲が妖精になって渋谷に舞い降りた

8/2(水) 17:40配信

THE PAGE

 昨年9月に宝塚歌劇団を退団してから、そろそろ1年が過ぎようとしている。元月組トップスターの龍真咲が、J-POPにチャレンジする。初めてのアルバムとなる「L.O.T.C2017」を8月23日にリリース、そのわずか3日後、26、27日には東京・Bunkamuraオーチャードホールでコンサートも開くのだ。宝塚の下級生のころから堂々とした歌いっぷりで、歌唱力には定評のある龍が挑む新境地とは?

男役トップスター龍真咲がフェミニンなイメージに J-POPやジャズなど未知の領域に挑む

 今年4月・5月には、退団後初のディナーショー「MUSE」を成功させた龍。男役トップスターのイメージから心機一転、レザーのホットパンツにニーハイガーターベルトという大胆なコスチュームで登場すると、宝塚時代からおなじみのナンバーやミュージカルソングをはじめ、これまではほとんど聞くことのできなかったJ-POPのメドレーまで披露。その表現力の幅広さが話題を呼んだ。

 「退団後は、生活も変わりました。時間がゆったりと流れるようになった。何かに取り組む日とメリハリがつくんですよね。そのせいか、集中力も増してきたし、コンディションは整えやすくなったと思います。ニューヨークにゆっくり滞在して、ブロードウェイを観たり、刺激を受ける時間も持つことができた。いま、とてもいい環境にいます」

 そして今回のアルバム「L.O.T.C2017」へと流れはつながる。

 「全曲オリジナルで、ショートムービーのような構成でコンセプトがしっかりしているアルバムです。宝塚時代は、自分一人だけでやることが多かったのですが、今回、多くのプロフェッショナルに携わっていただいて、私はその中で身を任せて表現に集中しました。いい経験をさせていただいています」

 プロデュースを手がけたのは、音楽制作集団、アゲハスプリングス・チームの「onetrap & aspr」。

 「J-POPのアルバムですが、曲調的にはジャズ、ダンス・ミュージック、ロック、バラード、さまざまなジャンルに挑戦しています。曲調については私自身、提案しました。現代の空気感とノスタルジックな空気感が融合した作品に仕上がっています。宝塚時代から応援してくださっているファンの皆さま、このアルバムで初めて私のことを知っていただく皆さま、いろいろな方に共感していただけたらいいなと思っています」

 コンセプトのしっかりしたアルバムということだが、いまのデジタル時代、曲順を無視しシャッフルして聴く人も多い。

 「シャッフルして聴いても音楽のコンセプトは伝わると思いますし、そこは聴く方の自由ですが、できれば1曲目の『LANDING on the CITY』から順番に通して聴くのがおすすめです。音的なつながりも考えてあるので、そのほうがより楽しめるかもしれません」

1/2ページ

最終更新:8/7(月) 10:54
THE PAGE