ここから本文です

ジェットスター・アジア、那覇-シンガポール11月就航へ 週3往復

8/1(火) 19:09配信

Aviation Wire

 ジェットスター・アジア航空(JSA/3K)は8月1日、シンガポール-那覇線の運航を11月に開始すると発表した。週3往復を運航する。

 11月17日から、月曜と金曜、日曜に運航する。運航機材はエアバスA320型機で1クラス180席。

 那覇行き3K791便はシンガポールを午前2時20分に出発し、午前8時30分に到着する。シンガポール行き3K792便は那覇を午前9時30分に出発し、午後1時40分に到着する。所要時間は往復とも5時間10分となる。

 同路線は2014年、チャーターで運航を開始した。

 同社はジェットスター・グループの航空会社で、シンガポールを拠点に2004年12月13日に運航を開始。現在の日本路線は2路線で、シンガポールから台北(桃園)とマニラを経由し、関西に乗り入れている。

 那覇からの東南アジア路線は、ピーチ・アビエーション(APJ/MM)2月19日からバンコクへ1日1往復を運航している。

Yusuke KOHASE

最終更新:8/1(火) 19:09
Aviation Wire