ここから本文です

『キングスマン』続編、2018年1月公開決定!コリン・ファースも闘う新予告到着

8/1(火) 12:00配信

cinemacafe.net

前作からさらなるパワーアップを見せる、新世代スパイアクションの続編『キングスマン:ゴールデン・サークル』の日本公開日が、2018年1月5日(金)に決定! 合わせて、“スマート”な英国キングスマンと、“武骨”な米国ステイツマンが共闘を見せる新予告とティザービジュアルがお披露目された。

【写真】『キングスマン:ゴールデン・サークル』ビジュアル

スパイ機関“キングスマン”の拠点が、謎の敵ゴールデン・サークルの攻撃により壊滅…。残されたエグジーは、教官兼メカ担当のマーリンとともに、同盟を結ぶスパイ機関“ステイツマン”の協力を得るためアメリカへと向かう――。

コリン・ファースを筆頭に、スマートなスーツに身を包んだ英国紳士がみせるキレ味鋭いアクションに多くの女子も熱狂した『キングスマン』。その待望の続編となる本作の日本公開決定が発表されると、たった1日で公式ツイッターは1万人ものフォロワーを集め、瞬く間にSNSを中心に話題沸騰。

そんな中、このたび到着したビジュアルでは、英国紳士らしくビシっと決まったスーツに身を包み、スタイリッシュなこだわりが大きな魅力であるキングスマンのエージェントに対し、新たに登場するステイツマンは上下デニム、隆々しい手でロゴ入りのムチを握りしめる武骨な男のオーラがたっぷり。英国文化にこだわるキングスマン同様、ステイツマンもまた、アメリカならではのアイデンティティに強いこだわりを持つエージェント集団であることを予感させる姿であり、キングスマンの変幻自在な傘のごとく、ステイツマンのムチにもアッと驚く仕掛けが用意されていそう。

さらに、新たに届いた予告では、まずはUKロックバンド「ザ・フー」の名曲「マイ・ジェネレーション」が尖がったアレンジで響き渡る中、冒頭のド派手なカーアクションから始まり、ゴールデン・サークルのボス(ジュリアン・ムーア)が「キングスマンに“さよなら”よ」と、笑顔でキングスマンの基地を吹っ飛ばす! すっかり一人前になったエグジー(タロン・エガートン)は、同盟関係にあるアメリカのスパイ機関・ステイツマンを訪ねるのだが…。

なんと本作で驚きの復活を遂げるハリー(コリン・ファース)がすでに会議に同席しており、トレードマークの傘を存分に活かした戦闘シーンも披露! さらにステイツマンが投げ縄の変幻自在な動きで敵を翻弄する様子も描かれ、それぞれの異なるスタイルが化学反応を見せつつ、斬新でエッジの効いたアクションがさらに進化を遂げていることがうかがえる。あの名セリフ「マナーが紳士をつくる」も健在だ。


本作に登場するのは、前作で死んだと思われたものの驚きの復活を遂げるハリーを演じるコリン、一流のエージェントへと成長した主人公エグジーを演じるタロン・エガートン、エグジーと共に敵を追う教官マーリンを演じるマーク・ストロングほか、強大な謎の敵ゴールデン・サークルのボスを演じるジュリアン・ムーア、ステイツマンのメンバーを演じるハル・ベリー、ジェフ・ブリッジスというオスカー俳優に、チャニング・テイタム、さらに「ゲーム・オブ・スローンズ」『グレートウォール』のペドロ・パスカルといった本作から参戦を果たす錚々たる俳優陣がズラリ! 加えて、音楽界からは大物アーティスト、エルトン・ジョンの名前もあり、本人役として登場するという彼の活躍(?)も楽しみ。

結集した超豪華キャストと新たなスパイ機関の登場によって、いっそうパワーアップした新世代スパイアクションが、ド派手に新年の幕開けを飾ってくれそうだ。

『キングスマン:ゴールデン・サークル』は2018年1月5日(金)は全国にて公開。

最終更新:8/1(火) 12:00
cinemacafe.net