ここから本文です

医学部の地域枠、地元出身者に限定…厚労省が通知

8/1(火) 18:34配信

リセマム

 厚生労働省は7月31日、医療計画について各都道府県知事に通知した。都道府県が大学医学部の学生に対して奨学金を貸与している「地域枠」については、原則として地元出身者に限定することを求めた。

 医療計画では、特に地域の医療機関で医師を確保するためには、地域の医療機関で勤務する医師のキャリア形成に係る不安の解消に向けて、大学などの関係機関と緊密に連携しつつ、医師のキャリア形成支援と一体的に地域の医療機関の医師の確保を支援する取組みが必要であるとしている。

 地域医療介護総合確保基金を活用して、都道府県が大学医学部の学生に奨学金を貸与している「地域枠」については、原則として、地域枠を設置している都道府県の地元出身者に限定することを各都道府県知事に求めた。

 また、ほかの都道府県に所在する大学医学部に設置された地域枠については、出身都道府県以外の大学に進学した場合であっても、臨床研修を出身都道府県で実施した場合、臨床研修修了後、出身都道府県に定着する割合が高い。このことから、原則として、出身都道府県で臨床研修を受けることとするよう、キャリア形成プログラムに位置づけるよう求めた。

《リセマム 工藤めぐみ》

最終更新:8/1(火) 18:34
リセマム